クイーンサイズのベッドで仲良くおやすみなさい

結婚して一緒の寝室で眠ることになりました。でも誰かとずっと一緒に眠るなんて経験ないし、寝相の悪さは折り紙付きだし、かと言って寝室を分けたり、ツインのベッドにするほど部屋に余裕もなく…で決めたのがクイーンサイズのベッドでした。

一つのフレームにマットは独立した2つが並んでいます。

これだと、一方の寝返りがあまり相手に響かずに眠れるのが良いと思ったからです。

さて、実際そのベッドを使ってみると、広さは十分で、私は相手の動きがそんなには気にならず、グッスリ眠れました。

ところが、夫は夜中に何度も蹴飛ばされるし、布団はみんな持っていかれるし…と不眠気味。

かなり広いはずのベッドの真ん中に私が寝るものだから、いったいどこで寝れば良いの?!という状態だったみたいです。

子どもが生まれてからは、広いベッドなので、一緒に眠ることもありました。

ちょっと困ったのは、2つのマットを並らべているので、真ん中に子どもを寝かせると、ちょうどマットの端と端のところになってしまうことです。

クイーンサイズの大きな一枚物のベッドパッドを利用することで、端っこ問題はかなり改善されましたが、今度はクイーンサイズのパッドやシーツがあまり売ってない問題が…

こちらは、通販でなんとか対応してきました。

なんだかんだ言いながらも、結婚してから30年近く。

マットは買い換えたけれど、いまだにクイーンサイズのベッドで仲良く?眠っていますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です