一目惚れした男前デスク

お財布の紐が緩みすぎかもしれません。ああ、買っちゃいました、デスクを。もうね、反省しています。必要に迫られたわけではなく、もう完全な一目惚れで買っちゃったんですよね。

天板はウォルナットの天然木で出来ていて、黒色の金属製の脚ががっしりと支えている、今流行りのミッドセンチュリーな男前家具です。

何に惚れたかというと、分厚さなんです。天板が分厚くって、きゅんときてしまいました。ここにきゅんと来るのって私だけでしょうか。あと脚のアイアン部分のがっしりさ。男前すぎて素敵だったんですよ。

この工具が似合いそうな感じがたまりません。

今はリビングの壁際に寄せて置いているだけなのですが、このデスクに似合うポスターを見つけて額縁に入れて、立てかけたいなあと妄想しています。額縁は断然黒の細い縁のものが似合いそうですね。

その前に、椅子も買わないといけませんけどね。そうなんです、デスクは買ったものの、やっぱりお財布な関係で椅子まで買えませんでした。

一気に買い揃えても楽しみがなくなるので、ちょっとずつ買い足したいなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です